憎しみの標本

挙式へ向けて① ~新婦を訪ねる~

挙式へ向けて① ~新婦を訪ねる~

<画像 20220308 【iPhoneSE2020】197601xx 富士急ハイランド>写真を見る限り、結婚を期待していたのは母親。働くのが好きでなかったから寿退職に憧れていたんだろうな。父親は遊園地へ行くのにどうしてスーツなのか。不思議だ。<本文>お見合いの次はデート。写真を見る限りでは2回会っていた。 週休2日制ではない時代に金沢市から甲府市へ会いに行く Wikipediaを見ると有給休暇は実施されていた 半ドンの土曜日を休みにして...

2
結婚へのお膳立て

結婚へのお膳立て

<画像 20220308 【iPhoneSE2020】19760103お見合い>綺麗な着物に身を包んでお見合い。花嫁になる事を想像すればニッコリとするんだろうな。私と同様に「結婚は合法的な家出。」って気付いてたかどうかは不明だけどね。<本文>1972年12月から歳月が経った。禊が済んだ訳ではないけど縁談が湧き起った。 父親より8歳下(前妻より3歳下) 前妻と同じ甲府市民で同じ高校へ通っていたかも知れない在校期間が考慮されてはいる。再婚を...

0
母となる女

母となる女

<画像 20220301 【iPhoneSE2020】子供時代に日本舞踊を習う>綺麗な着物を着て髪を整える。心では何を望み思うのか。ぼんやりとした虚ろな人形に映る。<本文>戦後に甲府市で町工場の長女として生まれた。 兄弟と違って山梨学院大学の附属幼稚園へ行った 習い事は日本舞踊自営業の一人娘として蝶よ花よと育てられた。大切に遇された割には写真を見ると翳りがあった。兄弟3人は母に付いて歩くのに母親一人がポツン。戦後の焼け...

2
父となる男

父となる男

<画像 20220110 【iPhoneSE2020】独身寮のビアガーデン>年齢相応の娯楽を楽しんだ一枚の写真。初めて見た時は「私の自由は阻害した癖に!」と怒りがこみ上げた。いい意味で人生を諦めた今は「リア充だったんだねえ。」とニッコリ眺められる。<本文>戦中に甲府市近郊で農家の五男として生まれた。 次兄:生後1ヶ月で風邪をこじらせて死亡 父 :戦後に死亡母だけでなく長兄・長姉に育てて貰ったのか2人への尊崇の念が強かった...

2